停車場遍路のよろず旅メモ

ジャンルを問わず旅の準備や記録を載せていきます

名古屋市水の歴史資料館

この資料館は上下水道事業100周年を記念して設立されました。

www.nagoya-info.jp

市バス月ケ丘バス停(北行き)で下車し水道橋(兼人道橋)を渡ります。

f:id:stnvstr_x:20211129030443j:plain

f:id:stnvstr_x:20211129030437j:plain

 

橋の上で南を見ると東山給水塔が見えます、現在は使っていません。

f:id:stnvstr_x:20211129030735j:plain

 

水道橋の西側に東山配水場の建物があるが、東側も地下に排水施設があると考えます。地上のこれは遺構だと思う。

f:id:stnvstr_x:20211129030729j:plain

 

屋外展示?普段見えない水道管ですが分厚いですね

f:id:stnvstr_x:20211129030448j:plain

 

ようやく入口です、入場無料です

f:id:stnvstr_x:20211129030724j:plain

 


 

名古屋で最初の水道は江戸時代の御用水でした。堀川の西は井戸水の質が悪いため設けられました。

 

矢田川をくぐって庄内川から導水しています

f:id:stnvstr_x:20211129030454j:plain

 

現在は堀川の浄化の導水路です、私は最初こちらとして認識していました

f:id:stnvstr_x:20211129030650j:plain

 

下水道もありました

f:id:stnvstr_x:20211129030555j:plain

 

遺跡が出た記録

f:id:stnvstr_x:20211129030600j:plain

 

木製・竹製の配水管

f:id:stnvstr_x:20211129030459j:plain

 

こちらは井戸代わりの水くみ場のイメージ

f:id:stnvstr_x:20211129030544j:plain

 


 

名古屋市民は小学校で「上水道木曽川から取水したのは先見の明があった」と教わります。その通りではありますが長距離の導水路を建設する費用の捻出など当時の状況は資料館で初めて知りました。

 

ポンド債で資金調達しました

f:id:stnvstr_x:20211129030617j:plain

 

スコットランドから招いていた技師が入鹿池(でもそこそこ遠いですが)からの導水でよいとしたところを名古屋の発展を見越して木曽川から導水したことに決めた技師です。明治は政治家も技師も立派でした。

f:id:stnvstr_x:20211129030516j:plain

 

名古屋の小学生なら社会見学で行く鍋屋上野浄水場(の模型)

f:id:stnvstr_x:20211129030527j:plain

 

急速濾過施設導入時の画像

f:id:stnvstr_x:20211129030532j:plain

 

今どきはディスプレイ操作だろうけど立派な操作台だった

f:id:stnvstr_x:20211129030623j:plain

 

鳥居松沈殿池までは下り勾配ですが、その先はポンプで押し上げてます。この経路で東山給水塔までが繋がってました。

f:id:stnvstr_x:20211129030521j:plain

 


 

他の自治体がどうか知りませんが、ちょっと感心した地震対策です。

 

地下式の給水栓や簡易トイレに出来るマンホールの箇所などを示したマップ

f:id:stnvstr_x:20211129030702j:plain

 

地下式給水栓のイメージ

f:id:stnvstr_x:20211129030707j:plain

 

仮設トイレのイメージ

f:id:stnvstr_x:20211129030713j:plain

 

他にも展示資料がありますが頭を整理してもう一度訪れることにします。

お伊勢さん125社:四郷エリア2箇所4社と神宮神田

近鉄五十鈴川駅から東へ1.2km、五十鈴川を五十鈴橋で渡った先に大土御祖・宇治乃奴鬼神社国津御祖神社・葦立弖神社が同じ杜の中にあります。

f:id:stnvstr_x:20211128134427j:plain

 

入口

f:id:stnvstr_x:20211128134511j:plain

 

手前にあるのが大土御祖神社で宇治乃奴鬼神社は御同座です

f:id:stnvstr_x:20211128134647j:plain

 

石柱には大土御祖神社のみ

f:id:stnvstr_x:20211128134622j:plain

 

お参りしました

f:id:stnvstr_x:20211128134727j:plain

 

大土御祖神社の古殿地越しに国津御祖神社が見える

f:id:stnvstr_x:20211128134837j:plain

 

国津御祖神社は左に古殿地があります

f:id:stnvstr_x:20211128134938j:plain

 

葦立弖神社が御同座ですが石柱には国津御祖神社のみ

f:id:stnvstr_x:20211128135039j:plain

 

お参りしました

f:id:stnvstr_x:20211128135054j:plain

 

南側の県道37号を挟んで南東にご神田があります

f:id:stnvstr_x:20211128135159j:plain

 

お伊勢さん125社:朝熊エリア3箇所4社

JR五十鈴ヶ丘駅と近鉄朝熊駅を結ぶラインと五十鈴川が交わる辺りに加努弥神社、鏡宮神社、朝熊神社朝熊御前神社の4社があります。

 


 

五十鈴川左岸から少し離れた田園の小さな杜です

f:id:stnvstr_x:20211128132307j:plain

 

北側の道路から杜の東側を通る参道があります

f:id:stnvstr_x:20211128132418j:plain

 

石柱に名勝が刻まれているはずですが読めません

f:id:stnvstr_x:20211128132642j:plain

 

ギリギリに立つ鳥居

f:id:stnvstr_x:20211128132533j:plain

 

お参りしました

f:id:stnvstr_x:20211128132551j:plain

 


 

五十鈴川に架かる堀割橋を渡ります、残り三社は右手の丘の手前と麓にあります

f:id:stnvstr_x:20211128132926j:plain

 

橋を渡ってすぐ左へ行く砂利道を進むと左に鏡宮神社の入口があります

f:id:stnvstr_x:20211128133006j:plain

 

石柱に名称が刻まれている

f:id:stnvstr_x:20211128133051j:plain

 

左は古殿地でしょうか

f:id:stnvstr_x:20211128133108j:plain

 

お参りしました

f:id:stnvstr_x:20211128133122j:plain

 

更に砂利道を進み、この橋を渡ります

f:id:stnvstr_x:20211128133207j:plain

 


 

朝熊神社朝熊御前神社の入口

f:id:stnvstr_x:20211128133313j:plain

 

石段を上った先に並んでいます:左が御前神社

f:id:stnvstr_x:20211128133523j:plain

 

まずは朝熊神社に参拝

f:id:stnvstr_x:20211128133644j:plain

 

そして朝熊御前神社にも

f:id:stnvstr_x:20211128133708j:plain

 

戻ります

f:id:stnvstr_x:20211128133734j:plain